男性が「めっちゃ絡みづらい!」と思うモテない女性の特徴7パターン
男性が「めっちゃ絡みづらい!」と思うモテない女性の特徴7パターン

男性が「めっちゃ絡みづらい!」と思うモテない女性の特徴7パターン

誰かが言ったそのひと言に「めんどうくさい」「返事のしようがない」と思ったことはありませんか?きっと、女性が何気なく言う言葉の中にも、男性には「絡みづらい」と思う特徴のあるひと言が…。絡みづらい女はモテない女です。そこで、今回は「男性が『めっちゃ絡みづらい!』と思う女性の言葉」を紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】冗談を真に受けて「うそ!」と驚く。

誰もが冗談と分かるようなことも、「うそ!」「本当に?」「知らなかった」などと驚かれると、男性は「めんどうくさい」と思うようです。

「いちいち説明するのがめんどうくさい」(20代男性)、「ボケたことの解説をさせられるのは屈辱だ」(20代男性)

人の反応を見て、冗談を見ぬく力をつけましょう。

【2】前世の話など、スピリチュアルな話をする。

女性が「私の前世はね…」と話し始めると、男性としては何と突っ込めば良いか分からないようで、「冗談として笑えばいいのか、真剣に聞いてあげた方がいいのか、反応に困ります」(20代男性)、「真剣に話しているとすると恐いので、絡みたくない」(30代男性)のだそうです。

そんな話ばかりだと、電波系だと思われますよ。非科学的な話はほどほどに。

【3】「私、ちょっと変わってるんです」と自分からアピールする。

「よく、変人って言われるんですよ」とか「私、ちょっと変わったところがあるんです」など、自ら宣言されると、男性は答えに困ってしまいます。

「どういう風に変わっているのか聞くのも変だし、個性的で良いねというのもわざとらしいので、スルーします」(20代男性)

天然アピールや個性派アピールもいいですが、逆効果かも…。

【4】甘えた言葉でしゃべる。

かわい子ぶっているのか、ペットに話しかけるような甘えた言葉でしゃべったり、自分を名前で呼ぶ女性がいます。

しかし、男性にとっては「いちいち絡みづらい」(20代男性)、「そのキャラについて行けない」(20代男性)と不評です。

大人の女性なのですから、きちんと大人の言葉づかいで話しましょう。

【5】ついて行けないほどハイテンション。

「明るくて、おもしろい女性は好きだけど、あまりにハイテンションだと、芸人のようなツッコミを迫られているようでついて行けず、絡みづらい」(20代男性)、「まあまあ、落ち着けと言いたい」(20代男性)というように、テンションの違いは致命的。

周りの人とテンションを合わせることも大切です。

【6】もう流行っていないギャグやダジャレをやたらと連発する。

とっくに忘れられたギャグや、ダジャレを連発すると、「絡みづらい女性」のレッテルを貼られてしまいます。

「つき合って笑うのも疲れる」(20代男性)、「反応を返すのが、めんどうくさい」(20代男性)と思われているので、注意しましょう。

【7】夢見がちな発言をする。

「専業主婦になる」とか「いつかお金持ちとつき合って、玉の輿に乗る」など、乙女チックな発言は、男性にとって「ツッコミようがない」(20代男性)、「ひとりで言ってれば?」(20代男性)と思うようです。

現実はそんなに甘くないということを自覚しましょう。

気づかないうちに「絡みづらい女性」にならないよう、言動には注意しましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks