ピュア可愛いメイクで愛されフェイスに!ギャップが肝心なうさぎ顔になるコツ
ピュア可愛いメイクで愛されフェイスに!ギャップが肝心なうさぎ顔になるコツ
メイク お気に入り

ピュア可愛いメイクで愛されフェイスに!ギャップが肝心なうさぎ顔になるコツ

「クリッとした可愛らしい目元」と「濡れたような、うるうる瞳」が、か弱いうさぎ顔を演出!「ピュア顔メイク」をご紹介します。

Pick up
続きを読む
オススメの動画

ベースメイク編

ベースは赤ちゃんのような透き通ったマシュマロ肌を作ります。下地でしっかり保湿をして、ファンデーションの滑りをよくします。

クリームタイプのファンデーションを薄く顔全体に馴染ませます。顔の内側から外側に向けて付けるのがポイント!

目の周りや鼻周りは余ったクリームをササッと馴染ませる程度で十分です。付け過ぎてしまうと厚塗り感が出てしまいます。

仕上げにベビーパウダーをブラシで付けます。ファンデーションのほどよいツヤ感が残る程度の量を付けましょう。

ベースメイク編

アイブロウ編

ピュア顔に見せるには、アイブロウが重要!自然なアーチを描きながら、眉山をとがらせないようにします。

眉が無いところはペンシルを使用して描き足しましょう。眉頭はパウダータイプでぼかしながら描いていきます。最後に眉マスカラを馴染ませて明るい眉に仕上げます。

アイブロウ編

アイメイク編

肌色に近いパールベージュのアイシャドウをアイホール全体に付けます。

アイメイク編_1

ピンクのアイシャドウを黒目の上辺りに丸く付けます。目頭と目尻を避けて付けることで目に高さが出て、クリッとした可愛らしい目元に仕上がります。

アイメイク編_2

下まぶたにも同じピンクのアイシャドウを引きます。上まぶたと同様に黒目の下辺りのみに引きます。

アイメイク編_3

アイラインはこげ茶を使用して、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして描きます。目尻は下げ気味に描いて、甘えたような目元に仕上げます。

アイメイク編_4

下まぶたの粘膜部分に、ホワイトパールのアイラインを引きます。こちらも黒目の下辺りのみでOK。濡れたような瞳になり、うるうるとした目元になります。

アイメイク編_5

まつ毛はビューラーを使わずにマスカラを上下にしっかりと付けて軽いカールを付けます。

カールが強すぎるとメイクしてる感が一気に出てしまうので、ナチュラルなカーブでピュアな目元を作ります。

アイメイク編_6

チーク・リップ編

チークは青みのピンクを使用して頬の一番高い部分にまぁるく入れます。

チーク・リップ編_1

リップはまずコンシーラーで色味を隠します。保湿力の高いテクスチャーが柔らかめの物を選びましょう。唇が荒れにくくなります。

チーク・リップ編_2

赤みの強いピンクの口紅を中央部分にポンポンっと指で付けます。

チーク・リップ編_3

透明グロスを全体に付けたら…完成です!

チーク・リップ編_4

ピンクを全体的に使うことで黄ぐすみが消え、赤ちゃんのようなピュアな顔に仕上がります!

チーク・リップ編_5

関連する記事

メイクランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks