ナチュラルメイクで作る“可愛過ぎない可愛い”で落ち着いた印象に!
ナチュラルメイクで作る“可愛過ぎない可愛い”で落ち着いた印象に!

ナチュラルメイクで作る“可愛過ぎない可愛い”で落ち着いた印象に!

可愛いいメイクもいいけど、可愛過ぎるメイクは苦手…。そんな方は、落ち着いた雰囲気のナチュラルメイクがオススメです。『可愛過ぎない可愛いメイク』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

ベースメイクはナチュラルに仕上げます。色つきの下地(BBクリームなど)をパール一粒程度、顔全体に馴染ませます。

馴染ませたらスポンジで余計な油分や水分をトントンと叩いて取ります。顔にベタつき感が無くなったら、パウダリーファンデーションをブラシでふんわりと乗せます。

パウダリーファンデーションはカバー力があるので少量でOKです。

ベースメイク編

アイブロウ編

眉がしっかりしている方はアイブロウパウダーのみ、眉が薄い方はペンシルも併用しましょう。

眉山は正面を向いた時の白目の外側の延長線上に、眉頭は小鼻の脇の延長線上に、眉尻は眉頭と平行になるように描きます。

眉頭はブラシを左右に動かしながらぼかします。眉頭をぼかす事で自然な眉に仕上がります。

アイブロウ編_1

眉頭の眉毛にブラウンのマスカラを付けます。(眉マスカラが無い方はまつげ用のブラウンマスカラでも構いません)眉の毛並みに沿って少量馴染ませます。

眉頭の毛がハッキリしていると、外人さんのようなヘルシーな印象に!

アイブロウ編_2

アイメイク編

アイホール全体にパール入りの明るいベージュのアイシャドウを乗せます。

アイメイク編_1

赤みブラウンのアイシャドウを、目尻から黒目の方にブラシを動かしながら、二重幅より少し広めに乗せます。

目頭にはほぼ色が乗っていないように作ると、抜け感が出来るのでナチュラルな彫りが出来ます!

アイメイク編_2

赤みブラウンのアイシャドウを下まぶたにも乗せます。全体に乗せることで影が出来るので、目が大きく見えます。

アイメイク編_3

アイラインはブラックを使用して、黒目の真ん中から目尻にかけて引きます。目尻は少し長めに引きましょう。

アイメイク編_4

こげ茶のアイシャドウをラインに沿って馴染ませて、アイラインをぼかします。

アイメイク編_5

マスカラは上下にしっかりと付けて、目尻にカラーマスカラ(ブルーやパープル、ボルドーなど)を付けると、ナチュラルながらも魅力的な目元に仕上がります。

カラーマスカラが無い方は黒マスカラのみでOKです。

アイメイク編_6

チーク・リップ編

チーク、リップ共にコーラル系のカラーを使用します。

オレンジとピンクの中間の色は、血色をよく見せてくれてるので肌が明るく健康的に見えます!頬骨に沿って自然に入れましょう。

リップはグロスタイプを使用して、唇の中央にたっぷりとのせたら完成!

チーク・リップ編_1

このメイクのポイントは、青みのピンクなどの可愛過ぎる色を避けて、コーラルや赤みブラウンなどをチョイスする事で、可愛いとナチュラルの間の絶妙な仕上がりに!是非お試しください♪

チーク・リップ編_2

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks