小顔メイクを簡単に仕上げる方法♪痩せて見えるコツ、教えちゃいます!
小顔メイクを簡単に仕上げる方法♪痩せて見えるコツ、教えちゃいます!

小顔メイクを簡単に仕上げる方法♪痩せて見えるコツ、教えちゃいます!

即効果!丸顔や大顔など気になる顔の大きさをメイクで改善!メイクで簡単に痩せてみえる「痩せ見えメイク」方法をご紹介します!是非参考にしてくださいね!

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

奥行きのある顔に見せる為に、ファンデーションを2色使用します。まず、普段使用しているリキッドファンデーションと下地を1:1で混ぜ、顔全体に馴染ませます。

(どちらもパール一粒分程度)下地と混ぜることにより、伸びがよくなり薄づきに付くのでナチュラルな仕上がりになります。

ベースメイク編_1

次に、肌より2トーン程暗めのリキッドファンデーションを顔周りに馴染ませます。おでこからフェイスラインまで、生え際に沿って少量ずつ、指でトントンと叩くように付けましょう。

チークボーン(頬の一番張っている部分)の下の頬のくぼみの部分にも、ラインを引くように軽く馴染ませると、影になって細くみえます。

ベースメイク編_2

フェイスパウダーを大きめのブラシで顔全体に付けます。フェイスパウダーの色は普段使用している物でOKです。

ベースメイク編_3

アイブロウ編

眉メイクは、ペンシルとアイブロウパウダーを使います。まず、ペンシルを使って眉尻から眉の無い部分(薄い部分)を埋めます。

残りの眉頭から半分くらいまでをパウダーを使って馴染ませます。眉頭(薄め)~眉尻(濃いめ)のグラデーションになるようにします。

眉尻がハッキリすることで顔のパーツがしっかりした印象になるので、顔がボヤけずに小顔効果抜群!

アイブロウ編

アイメイク編

アイシャドウは影を作る為に肌に近いベージュを使用します。目を閉じた時に指で目を触ると、眼球に沿ってくぼみがあります。

そのくぼみに沿って、ベージュのアイシャドウを入れます。

目尻から、アイホールを通ってそのままノーズシャドウも入れましょう!外人さんのような彫り深い目元に!

アイメイク編_1

アイラインはこげ茶色を使用して、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように引きます。目尻は少し長めに引き、目を大きく見せて顔のパーツを目立たせましょう。

アイメイク編_2

下まぶた全体にパール入りのピンクベージュのアイシャドウをのせます。涙袋がつややかになり、よりデカ目効果がありますよ。

アイメイク編_3

チーク・ハイライト編

オレンジベージュのチークをブラシを使って鼻の脇から耳の穴に向かって滑らせます。

頬の真ん中あたりに入れるのがポイント!顔の肌色の面積が少ない程顔が小さくみえますよ。

チーク・ハイライト編_1

ハイライトは眉尻下から頬骨の一番高い部分のCゾーンに馴染ませます。

ハイライトを入れることで立体感が出ます。色味は白っぽいものではなく、ツヤ感が出るものを選びましょう。

チーク・ハイライト編_2

クリアなグロスを塗って…出来上がり!外人さんの彫りを想像しながらメイクすると、小顔に近づけますよ♪

チーク・ハイライト編_3

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks