子宮体癌と子宮けい癌の違いとは?ヒトパピローマウイルスについて
子宮体癌と子宮けい癌の違いとは?ヒトパピローマウイルスについて

子宮体癌と子宮けい癌の違いとは?ヒトパピローマウイルスについて

Pick up
アナタにおすすめ
公開日:

【質問】子宮体癌と子宮けい癌の違いが知りたい

ちっちゃま/女性/20歳

子宮体癌と子宮けい癌の違いって何でしょうか?

【回答】子宮体癌・子宮けい癌について

監修者/松村圭子

子宮がんは、子宮の入り口にできるがんで、ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)というウイルスが原因です。

このHPVはありふれたウイルスで、性交渉によって誰もが感染する可能性があるものですが、多くの人は自分の免疫力で排除することができます。

子宮頚がんは、最近20~30代での発病が増加しています。

一方、子宮体がんは、子宮の内膜にできるがんで、原因としては、女性ホルモンの影響が考えられます。

40~50代の閉経期辺りでの発病が多いです。

このように、子宮頚がんと子宮体がんは、発病する部位も原因も全く異なるものです。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks