立体感ができるシェーディング・ハイライト・チークの入れ方
立体感ができるシェーディング・ハイライト・チークの入れ方
メイク お気に入り

立体感ができるシェーディング・ハイライト・チークの入れ方

Pick up
続きを読む
オススメの動画

「シェーディング・ハイライト・チーク」の入れ方

ハイライトを入れたいパーツはTゾーン、眉の下、目の下、口角、口唇の上、鼻筋、口唇です。

ハイライトを入れたいパーツはTゾーン、眉の下、目の下、口角、口唇の上、鼻筋、口唇です。

ハイライトで顔の高さを出したら、次はシェーディングで更に顔に奥行を作っていきましょう!

明るさを出すことで高さを出すためのハイライトに対し、シェーディングは顔に陰を作ることで顔をより小さく見せてくれる効果があります。

シェーディングを入れたいパーツは顔周り、頬、小鼻、目と鼻の間の4ヶ所です。

シェーディングを入れたいパーツは顔周り、頬、小鼻、目と鼻の間の4ヶ所です。

最後にチークを入れていきます!

顔に立体感を入れるためのチークの入れ方はハートの形に入れること!

顔に立体感を入れるためのチークの入れ方はハートの形に入れること!

笑ったときに頬が一番高くなるところに、大きくV字を描くようにハート型にチークを入れてみてください。

ハートの形が頬に立体感を与えるだけでなく、ハートのくぼんだ部分が瞳の印象を明るくもしてくれます。

お手持ちのメイク道具と相談しながら、立体感メイクに挑戦してみてくださいね!

詳しいやり方は、オリジナルサイトの動画をチェック

関連する記事

メイクランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks